遺伝子治療により集中的にがん組織を破壊

ニュース

その他

●現状検出が困難な1cm未満の膵がんを画像化

膵臓癌は、生存率が最も低い難治癌であり、早期発見は難しいとされているが、1 cm未満の早期の段階で発見した場合は高い生存延長効果が得られる。 しかし、現状のCT検査、検査薬剤としてFDG3を用いたPET検査、MRI検査、 …

●潰瘍性大腸炎癌化リスク診断法の開発

炎症性腸疾患とは免疫機構の異常により免疫細胞が腸管細胞を攻撃することにより腸管に炎症を引き起こす疾患である。 主に潰瘍性大腸炎とクローン病の2種類がほとんどを占め、ほかに腸管ベーチェット病などの稀な疾患もあるが、特に潰瘍 …

●DNAナノアーム

DNAの自己集合によって作成されるナノスケールの2次元ナノ構造体であるDNAオリガミを用いて、イオンに応答してしなやかに曲がるナノアームの開発が報告されている。 DNAは周期的な2本鎖の構造を有する配列特異的な分子集合で …

●DNA ナノテクノロジー

DNAは周期的な2本鎖の構造を有する配列特異的な分子集合である。 DNAナノテクノロジーとは、DNAのその個性的構造を使い、ナノスケールの構造体を自在に設計・作成する技術を基盤とした革新的な分子テクノロジーである。 この …

●ナノ科学と人工網膜

人間の眼球は、網膜のドーム型形状と膨大な数(1平方センチメートル当たり約1000万個)の視細胞を有するため、広い視野を持ち、解像度が高く、光に対して非常に敏感である。 こうした特徴を模倣した人工眼球を再構築することが、ロ …

●がん10年生存率が上昇、全体57%に

最新の癌全体の10年生存率は約57%、5年生存率は約68%であり、診断、治療方法の進歩を反映し、前回より上昇している。 生存率についても今後さらに向上すると期待されている。ただ、生存率は部位や進行度などによって大きく異な …

●がんとEPR効果

現在、さまざまな分野でDDS(ドラッグ・デリバリー・システム)による治療が行われている。例えば、核酸は直接血管内に投与するとすぐに破壊され、また抗癌剤はほとんどが正常血管壁から漏れ出すため副作用が起きる。これらを防ぐため …

●アメリカで初の「CRISPR編集した免疫細胞」を用いたがん治療

最近、遺伝子編集技術「CRISPR」を用いた治療方法が注目されている。CRISPR(clustered regularly interspaced short palindromic repeat)は通常「CRISPR- …

●がんゲノム医療 全国に34の拠点病院がある

癌組織の100以上の遺伝子を解析し患者の病状や体質にあうオーダーメイド治療法を行うがんゲノム医療は、2019年6月から公的保険の適用対象となり、全国に34の拠点病院がある。このように、各地にがんゲノム医療による最先端の癌 …

●がんゲノム医療について

がんは、がん細胞内の遺伝子が異なるため、同じ臓器から出来たものでも患者によって性質が異なります。正常細胞はがん化する際に遺伝子変異を行います。 がんゲノム医療とは、この遺伝子変異を調べることのより、患者さん一人ひとりに合 …

1 2 »

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-19

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-5577
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2020 医潤会 腫瘍クリニック All Rights Reserved.