遺伝子治療により集中的にがん組織を破壊

ニュース

遺伝子治療

●遺伝子治療の効果と肝内毛細血管コーティング剤の開発

癌治療において投与した薬剤が目的とする腫瘍組織に到達することを目的とした治療法すなわちDDS(Drug Delivery System)が脚光を浴びている。 しかし、生体に投与した遺伝子治療薬は、速やかに肝臓にて代謝され …

●遺伝子突然変異と遺伝子異常の治療への応用

細胞内DNAは、アデニン(A)グアニン(G)チミン(T)シトシン(C)の4種類の塩基により構成される。AとT、GとCがそれぞれ塩基対を形成しながら配列していくため、無数のDNAが存在することになる。 遺伝子変異とは、本来 …

●核酸医薬の現状

核酸医薬とは、内在性の遺伝子発現を調整する20前後の塩基配列を持つ DNA またはRNA 断片を含む医薬の総称である。 そのなかで、最近、注目されているのが microRNA を含有する核酸医薬である。microRNA  …

●microRNA医薬によるがん治療への展開

microRNAは20前後の 塩基からなる一本鎖 RNA であり,標的 mRNA の 3′側非翻訳領域に結合し蛋白への翻訳を抑制している。蛋白発現量を制御することにより、細胞の分裂、増殖に関わっている。そのため、micr …

●京大 遺伝子治療へ

京都大学の斉藤博英教授らは、治療に必要なRNA (リボ核酸)と結合させた人工たんぱく質を調節することによりRNAを自在に制御する技術を開発した。 遺伝子を体内に投与して治療を行う「遺伝子治療」の研究開発が進んでいるが、体 …

●阪大 低分子で遺伝子治療へ

大阪大学の中森雅之特任講師らの研究グループは、ハンチントン病の治療につながる低分子化合物を開発した。 この疾患は脳の神経細胞のDNAの一部に異常が発生するため、病気の原因となるDNA部分を切り取ることにより異常遺伝子修復 …

●乳幼児の遺伝子治療薬 販売承認へ 

厚生労働省は、スイスの製薬会社ノバルティスにより開発された体内に遺伝子を入れて病気を治す遺伝子治療薬「ゾルゲンスマ」について、日本国内での製造販売を承認することを決定した。 筋力の低下を引き起こす脊髄性筋萎縮症にかかった …

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-19

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-5577
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2020 医潤会 腫瘍クリニック All Rights Reserved.