遺伝子治療により集中的にがん組織を破壊

ニュース

microRNA

●血清中microRNA で切除可能肺癌を高精度に診断

肺癌は、日本を含めた全世界において癌による死亡原因の第 1 位であり、早期癌すなわち I 期における5年生存率は81.6%であるが、転移を含むⅣ期では 5.2%まで低下する。 そのため、早期の段階で肺癌を発見するために、 …

●microRNA を用いた新たな核酸抗がん薬の実用化が期待される

microRNAは、細胞内に存在する18~25塩基長ほどの小さなRNAで、多くの遺伝子の発現を調製する機能を持っており、多くのRNAはゲノムから転写され、翻訳のプロセスによりタンパク質が合成されるが、このmicroRNA …

●膵臓がん早期発見の新規バイオマーカーを開発

従来より、腫瘍マーカーは進行癌の予後判断には使用されるが、癌の早期発見・診断には有用ではない。 そのため、最近は早期癌におけるmicroRNAの重要性が認められ臨床への応用が期待されている。 これまで血液中のmicroR …

●癌細胞エクソソーム含有miRNAを標的とした核酸医薬の開発

癌細胞から分泌される細胞外小胞(エクソソーム)のなかにmicroRNAと呼ばれる遺伝子が含まれることが発見され、創薬の標的として注目を集めているが、この機能を特異的に抑制することは不可能であった。 今回、細胞から体内に放 …

●microRNAとピロリ菌感染

ヘリコバクター・ピロリ菌は、主に幼少時の経口感染により胃粘膜内に定着し、長年にわたり胃粘膜を侵食し、萎縮性胃炎を引き起こし、やがて胃癌の発生母地となる。 胃癌患者のほとんどが、ピロリ菌感染または感染既往を有し、除菌により …

●胃がんとmicroRNA-135b

ヘリコバクター・ピロリ菌は、主に幼少時の経口感染により胃粘膜内に定着し、長年にわたり胃粘膜を侵食し、萎縮性胃炎を引き起こし、やがて胃癌の発生母地となる。 胃癌患者のほとんどが、ピロリ菌感染または感染既往を有し、除菌により …

●尿中miRNAと前立腺がんを特定

前立腺癌は主に外腺(辺縁領域)に発生し、多くの場合、進行が遅く予後の良い癌である。そのなかで悪性度が高く、周囲リンパ節や骨、肺、肝臓などに転移するものがある。 これらの癌を早期に発見することが重要だが、既存のアプローチは …

●大腸がんの細胞増殖を抑制するmiRNAを発見

タンパクをコードしないncRNA(non-coding RNA)の一つであるmiRNA(microRNA)は、細胞の増殖やアポトーシスなどと密接に関係し、特に癌の発生や増殖に重要な働きをする。 siRNAは特定の遺伝子の …

●がん抑制機能を持つ―microRNA-34a

多くのmicroRNAの中で、microRNA-34aは癌抑制に働く遺伝子として最も重要microRNA(miRNA)のひとつである。今回、miRNA34の標的遺伝子を同定する方法が開発され、新たな標的遺伝子として乳癌の …

●尿・血液でがん発見を実用化

尿や血液などの体液から、がんを早期発見する検査が開始され、血液での実用化も進んでおり、癌の早期発見の手段がより身近になる。 例えば、体液中に含まれ、遺伝子の発現を調節する機能を持つ物質であるマイクロRNAを解析することに …

1 2 3 »

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-19

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-5577
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2020 医潤会 腫瘍クリニック All Rights Reserved.