遺伝子治療により集中的にがん組織を破壊

ニュース
  • HOME »
  • ニュース

●組換え酵素 Rad52 が染⾊体異常を引き起こすことを発⾒

従来、染色体異常が発癌の重要な要因であり、ヒト相同組換え因⼦ BRCA2や Rad51が正常に機能しないと、染⾊体異常が起こり、細胞がガン化することはわかっていた。 実際、Rad51 遺伝⼦を破壊すると反復配列を「のりし …

●日本人の胃がんリスクとなる遺伝的背景と生活習慣

胃癌は、胃壁内部粘膜の腺細胞が癌化したもので、進行すると、粘膜下層、固有筋層、漿膜へ深く進み、漿膜外部の大腸や膵臓にも浸潤し、血行性に肝臓などへ遠隔転移する。 年間発生数は約135,000人で、日本をはじめ東アジアで最も …

●骨髄異形成症候群の病態解析と治療標的検証に成功

高齢者に好発する骨髄異形成症候群(MDS)は、造血幹細胞より発生して造血不全を生じる予後不良な癌である。 網羅的DNA解析の進歩によって、癌における主な遺伝子変異はほぼ明らかになっているが、一方で、癌発症をもたらす遺伝子 …

●抗体薬物複合体のGISTを対象とした臨床試験開始

粘膜下腫瘍とは、正常粘膜の下層に存在する腫瘍で、通常の胃内視鏡による胃内腔からの観察では正常胃粘膜に覆われて充分な検査ができないが、多くは良性の粘膜下腫瘍のため経過観察となる。 そのなかで、消化管間質腫瘍(GIST)は主 …

●大腸がん転移を誘導するp53遺伝子変異を発見

癌抑制遺伝子であるp53遺伝子は,多くの癌種において変異が認められており,その機能欠損により発癌を促進する。 Gain-of-Function(GOF)型変異とは、遺伝子の変異によりアミノ酸配列の変化した分子が,正常とは …

●遺伝性乳がん・卵巣がんのリスクとなるBRCA2の新規機能解析法を開発

乳癌や卵巣癌は基本的には遺伝する癌種ではないが、BRCA1および BRCA2の2種類の遺伝子のうちいずれかに生まれつき病的バリアントを有する場合は、親から子に発癌のリスクがおよそ10%遺伝する。 そのため、遺伝性乳癌・卵 …

●膵臓がんで「線維化」が発生するメカニズムを解明 

膵臓癌は、化学療法や免疫治療が奏功しにくい難治性の癌のひとつである。膵臓癌組織には、コラーゲンなどが増加し硬化するため線維化が起こっていることが多く、上記治療が硬化を発揮できない理由である。 しかし、線維化が進み、悪化す …

●早期胃がんに対する新たなリキッドバイオプシー検査の開発

胃癌は早期で発見された場合、5 年生存率95%以上と非常に予後のよい癌である。 早期発見には、現状内視鏡検査が主となるが、侵襲があり高コストを伴う検査であるため、低コストで非侵襲性検査であるリキッドバイオプシー検査(血漿 …

●大腸がん・乳がん・前立腺がんの遺伝学的検査の有効性を検証

個人間におけるゲノム配列の違いである遺伝子バリアントのうち、疾患の発症と大きく関わるものを病的バリアントといい、病的バリアントが原因で発症する癌患者は、全体の5~10%を占める。 例えば、BRCA1やBRCA2のような特 …

●スキルス胃癌の原因変異遺伝子の同定に成功

スキルス胃癌は、著明な潰瘍形成も周堤もなく、胃壁の肥厚・硬化を特徴とし、病巣と周囲粘膜との境界が不明瞭なびまん浸潤型胃癌であるため、胃内視鏡による早期発見は困難な場合がある。 また、転移などを伴う難治性進行癌の状態で発見 …

1 2 3 12 »

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-19

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-5577
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2020 医潤会 腫瘍クリニック All Rights Reserved.