遺伝子治療により集中的にがん組織を破壊

遺伝子カプセルによる癌治療
  • HOME »
  • 遺伝子カプセルによる癌治療

icon 遺伝子カプセルによる癌治療

microRNAは遺伝情報を継承するDNAの複製時の設計調整を担う物質です。[図1]

[図1] microRNA

図1

正常細胞においてmicroRNA発現量が減少するとDNA合成に異常が生じ癌化すると考えられています。
逆に、正常なmicroRNAを補充することにより、癌細胞を初期化し、元の正常細胞に戻すことが可能となります。[図2]

[図2] 癌形質正常化 (Reprogramming)

図2

microRNAは直接血管内に投与すると破壊されるため、ナノサイズのカプセル(遺伝子カプセル)に封入します。[図3]

[図3] 遺伝子カプセル(ナノ粒子)

図3

この遺伝子カプセルはナノサイズのため正常血管外へ漏出せず、また監視機構(網内系)に捕捉・処理されないため血管内を滞留しながら循環し続け、順次、癌組織へ到達します。[図4] ※DDS(Drug Delivery System)とは必要な薬剤を必要な量・時間だけ目的組織へ送達する治療法

[図4]  DDS(Drug Delivery System)

図4

到達した遺伝子カプセルは、癌組織内の粗造な血管壁を浸透し癌組織内部に集積します。[図5]

[図5] EPR効果 (Enhanced Permeability and Retention effect)

図5

遺伝子カプセルはグルコースを含有しているため、癌細胞表面に過剰発現しているGLUT(グルコース輸送蛋白)により癌細胞内部に取り込まれ、エンドソーム内の酸性環境(pH6.0)以下にて崩壊しmicroRNAが放出され癌細胞は元の正常細胞に戻ります。[図6]

[図6] 癌細胞による貪食作用

図6

抗癌剤により癌細胞を殺傷する方法ではなく、microRNAにより癌細胞を初期化させる(元の正常細胞に戻す)という、従来の方法とは全く異なった治療法であり、既にアメリカでは治療が開始されています。

現在、癌に対するmicroRNA治療は全世界の医療施設・研究機関において多くの試みがなされており、先端医療としての期待も高く、癌治療の最前線に位置づけられています。

当院では、遺伝子カプセル治療薬を使用して、癌の完全治癒を目指した治療を行います。
▲ページ内トップに戻る

クリニック情報

診療時間
(治療・検査)午前9:00~12:00
(初診・診察)午後1:00~4:00

[休診日]土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

クリニックへのアクセス

  • ■堺東駅より徒歩10分
  • ■堺駅より堺東駅行きシャトルバス(3番乗り場)で5分 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946大阪府堺市堺区熊野町東4-4-19

専用駐車場有り
診療は全て電話予約となっております

電話 072-222-5577

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-19

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-5577
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2017 医潤会 腫瘍クリニック All Rights Reserved.