microRNA封入ナノ粒子による癌治療
ニュース

DDS

●核酸医薬搭載可能な世界最小スケールのナノ医薬品の開発

がん組織周囲の血管は栄養分を多く取り込むために100ナノレベルの間隙を有する。 そのため、EPR効果によって、100ナノ以下の高分子化合物は間隙から組織周囲に浸透・蓄積する。 近年、このようなDDS(Drug deliv …

●細胞移植によるドラッグデリバリーシステムの開発

正常血管は酸素や栄養分を透過させるための間隙を有している。 そのため、高分子化合物は正常血管から正常組織へ浸透しないが、液体の抗がん剤は透過し正常組織に蓄積される。 それにより、目的とするがん組織へ到達する前に、多くの抗 …

●ナノ粒子の安定性向上を生体適合性環状高分子で実現

薬剤を目的とする病変部へ集中的に送り届ける担体であるドラッグデリバリーシステム(DDS)の多くは粒子表面が生体適合性のポリエチレングリコール(PEG)で覆われたものである。 この PEG による修飾はPEGylation …

●微小カプセルでがん治療

がんの増殖を抑制する薬剤を封入した微小な高分子のカプセルを肝臓がんのマウスに血管投与することにより進行を制御する実験に成功したことが、米国の消化器学専門誌の電子版に掲載された。 正常組織の血管壁は均一で密な構造をしている …

●ナノ粒子のステルス性の向上に成功

抗がん剤をはじめとした薬剤を病変部に集中的に送達することができれば、より効果的な治療が可能となる。 その方法として、近年、抗癌剤をナノ粒⼦に封入して投与するドラッグデリバリーシステム(DDS)が脚光を浴びている。 しかし …

●「DNA液滴」の形成と制御に成功

細胞内部では、液-液相分離によって、マイクロサイズの微小な液滴が形成されており、その液滴は、遺伝子の転写制御、細胞小器官の形成、抗ストレス刺激など、細胞機能の制御に重要な役割を担っている。 一方、核酸やタンパク質などの生 …

●細胞の中で自発的に内封物を放出するナノカプセルを開発

核酸は遺伝情報の運び手であり、癌をはじめとしたさまざまな病変部へ適切に導入することで癌や遺伝性疾患などを治療する「遺伝子治療」の実現が期待されている。核酸は、単独で投与すると生体内ですぐに破壊されるため目的とする癌組織へ …

●⾼次構造を記憶する⾼分⼦の開発に成功 

⽶国化学会誌「Journal of the American Chemical Society」に掲載された論文によると、今回開発された温度応答性両親媒性グラフトポリマーにより、この⾼分⼦が⾃⼰組織化構造を記憶する事やそ …

●DNAオリガミによる微小カプセルの開発成功

従来、細胞膜を模倣した人工的な膜を持つ人工細胞(微小カプセル)の構築が試みられているが、細胞膜のような機能のある膜を設計・作製することは困難であった。 人工的な膜に細胞膜のような複雑な機能を持たせるには、性質や機能を自在 …

●がん指向性リポソーム

癌治療において、投与した薬剤が癌へ集中的に送り届けられる方法は増殖抑制やアポトーシスにおいて非常に重要と考えられている。 今回、信州大学と東芝は2020年5月29日、癌細胞に選択的に遺伝子を伝達する「がん指向性リポソーム …

1 2 »

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-18

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-2255
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2021 医潤会 がんクリニック All Rights Reserved.