遺伝子治療により集中的にがん組織を破壊

ニュース

癌研究情報

●膵癌肝転移マウスモデルに対する化学療法併用の有効性を解明

本邦での罹患数が年間4万人以上である膵臓がんは、早期発見が難しく、背側の神経叢に進展しやいため背部痛などの症状で発見されることも少なくなく、またその場合かなり進行している場合が多い。 そのため、5年生存率は10%程度であ …

●卵巣性テラトーマの原因遺伝子を解明

卵巣や精巣などの生殖細胞由来の腫瘍であるテラトーマ(奇形腫)は、3胚葉性の組織様に細胞が分化する特殊な癌であるが、発生原因は明らかでない。 今回、新たな3つの原因遺伝子領域が同定された実験結果が報告された。 ゲノム全体の …

●AI自動分析システムにより血液がんの高精度鑑別に成功

近年、CTやMRI等を用いた医療画像領域を中心にAI深層学習技術を用いた放射線医の読影を支援したり、内視鏡検査による消化管病変の発見・診断時において内視鏡医をサポートするAI技術には目覚しい発展がある。 血液疾患の診断に …

●大腸がんの多様性が促進する転移機構を解明

がん細胞は遺伝子変異を繰り返し、血中内においてがん細胞クラスター状態で遠隔臓器に到達して転移巣を形成するポリクローナル転移機構により増殖・進展を行う。 今回、遺伝子変異や悪性度が異なるがん細胞の集団による転移巣形成につい …

●免疫チェックポイント阻害薬の治療予測方法の開発に成功

免疫チェックポイント阻害剤は、T細胞の活性を抑制するシステムに対して阻害し、ヒトの免疫系を活性化する事により、癌細胞を死滅される癌治療薬であり、抗 PD-1 阻害剤(日本名オプジーボ)、抗 CTLA-4 阻害剤(日本名ヤ …

●転移性胃がんに対するα線標的アイソトープ治療薬候補

現在、胃がんの発生原因であるピロリ菌の同定がなされ、除菌療法の確立により、発生数は減少傾向にある。 しかし、初診時に10%の確立で発見される肝臓転移症例は治療困難で予後が悪く、効果的な治療がないため、新たな治療法が待たれ …

●骨肉腫を脂肪細胞へ変化させることに成功

生体内のおけるさまざまな細胞は、それぞれに発現している遺伝子や代謝経路も大きく異なる。 今回、骨肉腫細胞を骨肉腫として維持していくには、TNIKというタンパク質リン酸化酵素が活性化していることが必須であることが明らかにさ …

●卵巣がん転移を抑える新しいメカニズムの解明

卵巣がんは、女性特有の癌腫のなかでも最も予後不良ながんである。 卵巣は腹腔内に浮遊し、早期に腹膜播種などの転移をきたすことが予後不良因子となっている。 このがん転移のメカニズムを解明することで、卵巣がんだけでなくさまざま …

●咽頭がんに対する強度変調陽子線治療で副作用軽減を実証

咽頭がんに対する放射線治療は、嚥下機能などの喉頭機能を温存できるというメリットがある。 従来、喉頭がんに対する放射線治療として使用されたいた強度変調放射線治療(Intensity-modulated radiation …

●乳がんの悪性化に「温度」が寄与することを発見

本邦において、乳がん罹患数は女性の中で最多であり、標準治療法が確立され、生存率が比較的高いがんではあるが、進行度が進むにつれて予後不良となり、10年後に再発するなど悪性化や転移のメカニズム解明は不明である。 がん組織周辺 …

1 2 3 20 »

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-19

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-5577
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2021 医潤会 腫瘍クリニック All Rights Reserved.