microRNA封入ナノ粒子による癌治療

ニュース

癌研究情報

●腹水中の老化細胞が胃がん腹膜播種の増大を引き起こす新たなメカニズムを解明

胃がんのほとんどは、ピロリ菌感染による萎縮性胃炎からやがて癌化することによって発生する。一方、スキルス胃がんの発生要因としては、ピロリ菌との因果関係は明らかでなく、好発年齢も、胃がんの高齢者に比べ、若年女性に多く、原因は …

●胆管内乳頭状腫瘍の発生・維持・癌化のメカニズムの一端を発見

胆管癌に進行する前癌病変である胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)は、粘液の産生の有無にかかわらず乳頭上皮病変や拡張した嚢胞性病変を特徴とする特異な胆道腫瘍だが、今回、その病態や機序が明らかにされた。 FGF10-ERK シグナ …

●標的タンパク質分解誘導剤の効果を促進する酵素を発見

疾患の発生には細胞内タンパク質の変化によるものが多く、治療薬として標的タンパク質に対する阻害剤があるが、多くのタンパク質は薬剤によって阻害できない。そのため、疾患原因タンパク質を細胞内で分解して除去する「標的タンパク質分 …

●重水素で解き明かす脂肪酸の抗がん作用

生体内で代謝された不飽和脂肪酸はさまざまな生理活性物質へと変換され、様々な生理活性を発現する。 γ-リノレン酸(γ-linolenic acid;GLA)は、月見草などの植物種子に多く含まれる不飽和脂肪酸の一つで、正常細 …

●胆のうがんのゲノム異常の解明

ヒトの消化酵素である胆汁は、主に脂肪の消化吸収機能に関与している。 胆汁は、肝臓で生成され、一旦胆のうに貯留し、脂肪食の摂取に伴い、適時総胆管から十二指腸内に放出される。 胆のう上皮細胞から発生した悪性腫瘍が胆のうがんで …

●新たな神経芽腫尿中バイオマーカーの特定

小児がんは稀な疾患でありがん全体の 1 パーセント未満に過ぎないが、小児の死亡原因第 2 位であるため早期診断を可能とする検査法の開発が待たれている。 血液検査や画像検査(CT/PET 等)は小児にとって侵襲的であるため …

●膵癌肝転移マウスモデルに対する化学療法併用の有効性を解明

本邦での罹患数が年間4万人以上である膵臓がんは、早期発見が難しく、背側の神経叢に進展しやいため背部痛などの症状で発見されることも少なくなく、またその場合かなり進行している場合が多い。 そのため、5年生存率は10%程度であ …

●卵巣性テラトーマの原因遺伝子を解明

卵巣や精巣などの生殖細胞由来の腫瘍であるテラトーマ(奇形腫)は、3胚葉性の組織様に細胞が分化する特殊な癌であるが、発生原因は明らかでない。 今回、新たな3つの原因遺伝子領域が同定された実験結果が報告された。 ゲノム全体の …

●AI自動分析システムにより血液がんの高精度鑑別に成功

近年、CTやMRI等を用いた医療画像領域を中心にAI深層学習技術を用いた放射線医の読影を支援したり、内視鏡検査による消化管病変の発見・診断時において内視鏡医をサポートするAI技術には目覚しい発展がある。 血液疾患の診断に …

●大腸がんの多様性が促進する転移機構を解明

がん細胞は遺伝子変異を繰り返し、血中内においてがん細胞クラスター状態で遠隔臓器に到達して転移巣を形成するポリクローナル転移機構により増殖・進展を行う。 今回、遺伝子変異や悪性度が異なるがん細胞の集団による転移巣形成につい …

1 2 3 21 »

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-18

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-2255
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2021 医潤会 がんクリニック All Rights Reserved.