microRNA封入ナノ粒子による癌治療
ニュース
  1. HOME
  2. ニュース

●必要な時だけ標的タンパク質を壊すがん治療

オプジーボなどの免疫治療製剤による癌治療の開発が進んでいる。 このメカニズムは、免疫機能のブレーキの役割を持つPD-1タンパク質の機能を阻害することで、免疫細胞によるがん細胞の傷害活性を高める。 ただ、PD-1の機能を長 …

●5-FU系抗がん剤の重篤副作用発現に影響する薬物代謝酵素の日本人集団における遺伝的特性を解明

5-FU系抗がん剤の解毒代謝酵素であるジヒドロピリミジンデヒドロゲナーゼ(DPD)の遺伝子DPYDについて、重篤な副作用発現を予測する遺伝子多型マーカーは、欧米では4種類報告されているが、DPYD遺伝子多型には著しい民族 …

●がんによって全身に不調が生じるのはなぜか

がんは進行とともに増大し肺・肝・脳などの臓器に遠隔転移する。 その後、身体に体重減少や代謝異常などさまざまな異常 を引き起こす。 このメカニズムは、がんが離れた位置にある宿主臓器や細胞に作用できる特質を有することにある。 …

●コヒーシン複合体による新たな遺伝子発現制御機構の一端を解明

コヒーシンはゲノムの立体構造制御や遺伝子発現制御に重要な役割を果たすタンパク質複合体である。 コヒーシンのもつ機能は多様であり、これまでにクロマチンループ(以後ループと呼ぶ)の形成による遺伝子発現促進、逆にループ形成を阻 …

●EP2/4阻害薬による抗腫瘍作用の機序解明

京都大学医学研究科らの研究グループにより、免疫チェックポイント阻害薬(抗PD-1抗体など)非感受性LLC1肺がんモデル動物において生理活性脂質プロスタグランジンE2(PGE2)が受容体EP2・EP4を介して、炎症反応・血 …

●ロペグインターフェロンの作用メカニズムを解明

ロペグインターフェロンが血液がん治療において、有望な結果が認められているが、そのメカニズムは明らかではなかった。 今回、大阪公立大学大学院医学研究科 血液腫瘍制御学らの研究グループは、白血病マウスモデルを使用した実験にお …

●腫瘍血管の酸化LDL受容体によるがんの転移促進を解明

がんの特性は、増殖の速さと遠隔へ転移し、また増殖し、やがて全身を侵していくことにある。 がんの転移には血管や免疫細胞などで構成されるがん微小環境が大きく影響していると考えられている。 北海道大学大学院歯学研究院と北海道大 …

●DNAのヒドロキシメチル化レベルの簡便な測定手法を開発

ヒトゲノムDNAのCpG配列中のシトシンは、DNAメチル化酵素によりメチル化され、これにより遺伝子の発現が制御されている。また、DNA脱メチル化反応に関連する酵素としてメチルシトシン酸化酵素が同定されており、この酵素によ …

●がんと免疫の戦歴と戦況を評価する技術が実用化に近づく

今回、岡山大学学術研究院ヘルスシステム統合科学学域と、同大学院ヘルスシステム統合科学研究科の共同研究グループは、不安定で凝集しやすいがん抗原や自己抗原タンパク質を独自に開発した可逆的S-カチオン化法で可溶化し、末梢血中の …

●細胞がクラスターを作りながら動く仕組みを発見

人体を構成する細胞の一部は、自ら推進力を生み出すことで身体の組織中を移動することができるが、立体組織中を細胞が動く仕組みは未解明なままである。 今回、金沢大学ナノ生命科学研究所と北海道大学電子科学研究所の共同研究グループ …

1 2 3 33 »

クリニック情報

診療時間

● 治療・検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 1:00〜 4:00

休診日

土曜日午後、水曜、日曜、祝日

初診の方は必ず電話にてご予約ください。
診療は全て予約制になっていますので、ご注意ください。

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩10分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で5分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東 4-4-18

  • 診療は全て電話予約と
    なっております
  • 072-222-2255
  • ※保険診療ではありませんのでご注意ください
PAGETOP
Copyright © 2022 医潤会 がんクリニック All Rights Reserved.